本文へ移動
スポーツ整形見出しイラスト

紹介

 当科では、サッカー、ラグビー、バスケットボール等で生じる下肢スポーツ外傷に対して、競技レベルで活躍される選手からスポーツ愛好家の方まで幅広く治療しております。
 MRIやCT等の画像検査を早期に撮影が可能であり、迅速で正確な診断を心がけております。
 治療は、手術が必要な膝前十字靱帯損傷や半月板損傷等に対しては、関節鏡を用いて低侵襲かつ正確な手術を施行し、早期かつ確実なスポーツ復帰を目指しています。また、足関節に対しても関節鏡手術を行っております。術後は、スポーツ活動への復帰に向けて、入院中はもちろんのこと、退院後も通院リハビリテーションを積極的に行っております。さらに、入院中はスポーツ選手に対して、管理栄養士による栄養管理を行っているのも特徴です。(下記参照)
 その他、近年競技人口が増加しているランニング、マラソン等で生じる下肢の腱炎症等スポーツ障害についても、2019年3月より体外衝撃波治療器(下記)を導入し積極的に保存治療を行っております。特に水曜日はランニング、マラソンランナーに対する治療を得意としている上田医師やエコーでの診断を得意にしている金本医師の専門外来を行っております。
お気軽にご相談下さい。
 

体外衝撃波治療器

圧力波で痛みの患部に高エネルギーを照射し、治癒・再生・回復のプロセスを促進させることにより、組織修復と除痛効果があると言われています。
当科では、理学療法と併用して行っています。
 
《適応疾患》
・上腕骨外側上顆炎
・足底筋膜炎
・アキレス腱炎
・膝蓋靭帯炎(ジャンパー膝)など
BTL社製(BTL-6000トップライン)
足底腱膜炎の例
(BTL社提供)

栄養管理

当院では、「スポーツ整形食」をご用意し、患者の栄養状態の維持に努めております。
「入院中に痩せてしまう」という問題を解決するために、十分なエネルギーおよび栄養素を補給し、スムーズなスポーツ復帰が出来る様、サポートいたします。
 
【スポーツ整形食1】  【スポーツ整形食2】
エネルギー量:2600kcal  エネルギー量:3000kcal 
たんぱく質量:100g   たんぱく質量:120g

担当医師紹介

塩崎 嘉樹

【資格・認定・専門】
・日本整形外科学会専門医
・日本スポーツ協会公認スポーツドクター
・麻酔科標榜医
 
【外来診療時間】
金曜日 夜診

堀部 秀二

【資格・認定・専門】
・日本整形外科学会専門医
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会関節鏡技術認定医
・大阪府スポーツ協会 スポーツ医・科学委員長
・日本スポーツ協会公認スポーツドクター
・日本医師会健康スポーツ医
・BEST DOCTOR 2020-2021
 
【外来診療時間】
月曜日 午前
水曜日 夜診(予約制)
木曜日 午前

濱田 雅之

【資格・認定・専門】
・日本専門医機構整形外科専門医
・日本整形外科学会認定スポーツ医
・日本関節鏡・膝・スポーツ整形外科学会関節鏡技術認定医
・BEST DOCTOR 2020-2021
・Doctor of Doctors Network 優秀専門臨床医 2020-2023
 
【外来診療時間】
月曜日 午前
水曜日 夜診(予約制)
金曜日 午前

金本 隆司

【資格・認定・専門】
 
 
【外来診療時間】
水曜日 夜診(予約制)

田中 美成

【資格・認定・専門】
・日本専門医機構 整形外科専門医
・日本膝関節学会 関節鏡技術認定医
・日本スポーツ協会 公認スポーツドクター
・NTTドコモ ラグビー(Red Hurricanes大阪) チームドクター
・桃山学院大学サッカー部 サポートドクター
・BEST DOCTOR 2024-2025

【外来診療時間】
月曜日 夜診(予約制)
医療法人 紀和会 
〒591-8021
大阪府堺市北区新金岡町5丁1番3
TEL:072-255-0051
1
0
2
3
6
2
TOPへ戻る